ブログ記事一覧

Unity

Unityのまとめサイトができていました。

Unityまとめ

160730-1

登録申請もできるようです。便利なのでチェックして活用したいと思います。

サイトは気になりますので、チェックです!

Unityまとめ

Windows

昨年購入したThinkPadE450

Core-i5、メモリ8GB、SSD+HDDのハイブリッド構成と結構気に入っているのですが

開発していると重くなることもしばしば。そこでメモリ増設して16GBにしました。

メモリ購入

Amazonで購入しました。メモリはTranscend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3Lを買いました。

メモリ増設

作業はマニュアルを一応確認しながら。E450マニュアル

ネジが斜めに入っていたからか、なかなかでてこなかった。裏蓋はこの手のものにしてはさくっとあけられました。

無事、認識。

160731-1

 

さて、交換してもともと挿していた8GBのメモリがあまりました。

IMG_20160730_171106

8GBx2を買って交換したのです。なんか違う種類のメモリを2枚挿すのってきもち悪いですよね。効率悪いですけど。

Unity

UnityでAndroidでは表示できているTextureやSprite画像がiOSで表示されない!なぜだ!

シェーダーの設定やなんやかんやいじっても解決しない。

俺のバカポイント1

160727-1

UnityでiOS用にSwitchPlatformした際に、

インスペクター上でpublicに設定してセットしているTextureが外れていた。

(上記の画像のOn_image/Off_imageにセットしているのがクリアされていた)

再度設定しなおしたらOK。そう、1つはこれだけの理由。

 

俺のバカポイント2

画像のファイル名が日本語だったから表示できなかった!

とりえあずでAndroidでは表示できていたので油断しました。

日本語ファイル名やめましょうね。

 

あほすぎる俺。果てしなく時間を無駄にした

Unity

GoogleSignInを使っているUnityプロジェクトでiOS向けビルドで若干ハマったのでメモ。

import文を修正したらあっさりいけました。

PodfileにGoogle SignInを追記

 

おもむろにビルドすると・・・

GIDSignIn.h file not foundがでる

エラーが出る GIDxxxにGoogleSignIn/を追加する

#import <GIDSignIn.h>(修正前)

#import <GoogleSignIn/GIDSignIn.h>(修正後)

に修正します。4箇所くらい有ります。

これでビルドできます。

Enable BitcodeはNoにお忘れ無く

 

Mac

CocoaPodsインストールの道のりが長かった。

開発ツールのインストール

・Xcode インストール
・Command Line Tools for Xcode
は省略します。

Homebrewのインストール

 

path設定

インストール確認

 

rubyとrbenvのインストール

path設定

標準で使うrubyのバージョンを切り替える

もしくは

で確認。

/usr/bin以下と/usr/local/bin以下にlnでシンボリックリンク張るとか

古いのでやめましょう。必要ありません。

 

CocoaPodのインストールと設定

 

そしてプロジェクトフォルダに移動してセットアップ


そう、これで終わると思ったら終わりません。

そんなときはこれで詳細が表示されます。

どうやらgitのcloneが終わっていない様子・・・


ならばと、こんな感じで手動実行で無事解決!

単純にgitのcloneがくっそ時間かかります。一時間くらいかかりました。

Unity

稀に記憶喪失になるのでメモ。

UnityEditorの設定

メニュー「Edit」→「Project Settings」→「Editor」から
Inspectorビューの Editor Settings を設定する
・Version Control の Mode を Visible Meta Files に変更する
・Asset Serialization の Mode を Force Text に変更する160721

.gitignoreの設定

 

[code]
/[Ll]ibrary/
/[Tt]emp/
/[Oo]bj/
/[Bb]uild/
/[Bb]uilds/
/Assets/AssetStoreTools*

# Autogenerated VS/MD solution and project files
ExportedObj/
*.csproj
*.unityproj
*.sln
*.suo
*.tmp
*.user
*.userprefs
*.pidb
*.booproj
*.svd

# Unity3D generated meta files
*.pidb.meta

# Unity3D Generated File On Crash Reports
sysinfo.txt

# Builds
*.apk
*.unitypackage
[/code]

以上

ガジェット

ほぼ発売日に買ったNexus5。スペックは未だになんの不満もなく使い勝手も最高!
しかし、バッテリーの減りが激しい…交換に出すのも5000円以上かかるしその間困る。
ならば自分で交換しよう!

<バッテリー購入>
Google Nexus 5 バッテリー&交換キット
amazonでバッテリー&交換用の器具セットを購入。1980円とお買い得。必須のY字精密ドライバーと裏蓋をあける器具もついてお得

<バッテリー交換方法>
1年以上使用した「Nexus 5」のバッテリーを自分で交換してみました
GIGAZINE様の記事を参考に。

    • 裏蓋をあける(怖いけどなんとかなる)。最後の底面が粘着しているのですこし力が要る
    • 内部の基盤カバーをY字ドライバで無事にあける
    • 最後にバッテリーをはがすのが一番苦労しました

バッテリの周囲が粘着テープでケースに強力にくっついています。免許証や会員カードなどのプラスチックの薄いカードを差し込みながらマイナスドライバーを差し込むとはがしやすいですRoblox Robux Hack 2017

無事に起動、充電を確認!
これであと2年はたたかえるはず!

Unity

先日アナウンスがありましたがParse.comのサービス終了するそうです。
移行期間がありますが、面倒ですね。
parse

Parse.com 終了に伴う mbaas サービスの移行方法

といっても私が利用していたのは試験的なアプリだけだったので実害はありませんが。

やはり、APIの呼び出し上限がけっこうきついのと、料金が高めなのが利用者増につながらなかったのでしょうか。
Nifty のmBaaSはParse移行問合せフォームもあるようです。
ですが、Niftyもずっとサービス提供するかは分かりませんけどね…

でも自分でサーバーを用意するのはかったるいので、この便利なサービスは提供し続けてほしいものです。

Unity

先日、UnityのPhotonを使用して簡単な対戦ゲームを作る機会がありました。
logo

Photonで変数の値を同期する場合は、
・OnPhotonSerializeViewメソッドを利用する
・RPCを使用する

などの方法があるかと思います。download Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales 2017 movie now

OnPhotonSerializeViewを使用する場合は上記の様な感じですよね。

一方、RPCを利用する場合は

こんな感じで[PunRPC]マークをメソッドを上につけておきます。
呼び出す際には、まあ下記のようにします。

このときハマったのが、あたりまえなんですが
PhotonViewと一緒にコンポーネントにアタッチしているスクリプトのPRCじゃないと
当然よべないこと!

そんなメソッドねーよ!と怒られまくりました。

あとはアニメーションを同期するためにRPCを使用して呼び出したのですが
Triggerタイプは問題無いけどFlagだとどうも同期が怪しいこと。理由は謎のままでした。

でもサンプルを見てやればロビーの処理やRoom作成も簡単にできるので
ちょっとしたネットワーク対戦ならサクサクッと作れるのが魅力です。

Android

やってしまいました
keystoreのパスワードが思い出せない!そう大文字小文字なのか数字をいつもと違う物をつけたのか…
やってはいけないことをしてしまった!そんなときに助けてくれるGoogle提供のツール。

Android Keystore Password Recovery
上記のサイトから「Android_Keystore_Password_Recover_1.07.jar」をダウンロードして実行するだけです。

Java7の実行環境が必要なようですがあとは簡単です。コマンドプロンプトから下記のように実行してください。

-k のあとは、keystoreファイルを(C:\ディレクトリ名\ファイル名)の様に指定
-d のあとは、パスワード候補を記入したファイルを(C:\ディレクトリ名\ファイル名)の様に指定

パスワード候補はたぶんこんなのじゃないかな?ってのを書いておけばそれなりに推測してくれるようです。

実行して無事に解析できると下記のように表示してくれます。
keystore

焦りました!