ブログ記事一覧

アプリ

Slack・ChatWork・Messsngerほぼ何でも一元管理できる「Franz」が超便利!

最近は便利なコミュニケーション・メッセージアプリがたくさん有り、大変便利なのですが使い分けが面倒です。
Slack,ChatWork,Facebook Messanger,Hipchat,Skypeアプリを切り換えるだけでもいやになってきます。
161125-01

Franz対応アプリ

2016年11月現在、Franzは以下34のアプリに対応しています。どんどん増えていますね。
161125-2

・Slack
・Messenger
・WhatsApp
・Telegram
・Skype
・WeChat
・HipChat
・ChatWork
・Hangouts
・TweetDeck
・Gmail
・Outlook.com
・ICQ(懐かしい!)
個人的には、Slack/Messenger/Skype/ChatWorkを統合できるのが最高です!そして失礼ながらICQまだあったんですね・・・
流行ったのは大学生の頃だから、もう15年は前でしょうか。

アプリの入手

 

 Franz 

Franz – a free messaging app for Slack, Facebook Messenger, Whatsapp, Telegram and more

http://meetfranz.com
Franz is a free messaging app/former emperor of Austria, that combines chat & messaging services into one application.

 

Windows/Mac/Linux用があるのでばっちりですね

サービス追加の仕方

サービスを新たに追加から追加したいサービスを選びます。
161125-3

表示されるダイアログに入力します。Slackを選択してみました。サービス名は、自由につけて構いません。そのままタブ名になります。
161125-4

タブをクリックして、ID/PW認証するといつもの画面になります。
161125-5

アプリの選択は上部のタブをクリックするだけ
161125-tab

ChatWorkも
161125-cw

Skypeも(ビデオ通話なども普通に出来ます
161125-skype

Franzのお薦めポイント

・アプリ切換が楽(いちいちSkypeは~ChatWorkは、と探さなくなります)
・同じサービスのアカウント毎にタブ追加できる(アカウント切換が面倒なアプリも楽になります)
・地味にGmailなどのメールサービスが便利
複数アプリでさらに複数アカウントを使っている人にはめっちゃおすすめです!

download film Star Wars: The Force Awakens

Unity

UnityでAdmob広告を使用する場合の注意

使い方は簡単なのですがたまに表示されなかったりする場合の注意など。

インタースティシャル広告を連続で出す

みんな大好きAdmob。インタースティシャル広告を連続で出す場合は注意が必要です。
広告を閉じた際にDestryo後、再度Requestを行わなければなりません【Destroy()およびRequestInterStitial()】
OnAdFailedToLoad/OnAdClosed/ OnAdLeavingApplicationなどのイベントを利用しましょう。

/// /// void HandleInterstitialClosed(object sender, EventArgs args) { if(interStitialView != null) interStitialView.Destroy(); RequestInterStitial(); } void HandleInterstitialFailedToLoad(object sender, EventArgs args) { if (interStitialView != null) interStitialView.Destroy(); RequestInterStitial(); } void HandleInterstitialLeftApplication(object sender, EventArgs args) { if (interStitialView != null) interStitialView.Destroy(); RequestInterStitial(); } }

広告が表示されない場合

広告がクリックできないときはAndroidManifest.xmlに

を追加すれば良いのですが、広告自体が表示されないことがまれによくあります。

こういうときは、大概以下のどれかが原因です。

    • 広告IDが間違っている、配信されていない

広告IDのコピペミス。「ca-app-pub-xxx/xxx」のスラッシュ以降のコピペ漏れ。申請すぐの使用でまだ配信されていない。

    • AndroidManifest.xmlがおかしい

これ結構有ります。特に、既存プロジェクトでごちゃごちゃしている場合にありがちです。一旦バックアップを取ってマニフェストファイルを整理するとあら不思議、表示されちゃったりします。

    • jarファイルの不足

古いjar(android-support-v4.jar、unity-admob-plugin.jar)が重複している場合はビルドエラーになりますが、不足しているとアプリが落ちたり広告が表示されなかったりします。
Plugins/Androidフォルダーを右クリックしてResolveClientJarsしましょう(PlayServiceResolver万歳)

161119-02