ブログ記事一覧

Unity

DeployGate配信でのiOSアプリのPush通知確認ではまった

結論:DeployGateでiOSアプリのプッシュ通知を確認する場合

  • CertificateはProduction用のAPNsを使用する
  • プロビジョニングプロファイルはProduction用のAdHocを使用する

iOSの証明書は難しい

でも今回はまったおかげでやっとすっきりしました。

そもそも証明書は、開発用と本番用があります。

開発用

  • プッシュ通知用の証明書(APNs Development iOS)
  • プロビジョニングファイル用の証明書(iOS Development)

本番用

  • プッシュ通知用の証明書(APNs Production iOS)
  • プロビジョニングファイル用の証明書(iOS Distribution)

それぞれで2種類ずつ必要です。

DeployGateへの配信ではそもそもDevelopでないといけないと思っていたのが間違いでした。

ProductionかつAdHoc!

AdHocなだけでProduction。

証明書の作成

CertificateではApplePush Notification Service SSL(Sandbox & Production)をえらびます。

こんな感じで作成されます。

次にプロビジョニングプロファイルです。

プロビジョニング作成時に証明書を選択します。ここにはプッシュ通知用の証明書は表示されません!てっきり表示されるのかと思ってはまりました。ご注意ください。通常通りアプリのIDを選択してください。

勘違いポイント

  • DeployGate配信だからDevelopmentじゃね?→残念、Productionでした
  • APNsはDevelopmentじゃね?→残念、Productionでした
  • プロビジョニングプロファイルでプッシュ通知用の証明書選べばOKじゃね?→残念、選べません

結果的にはDevelopmentのPush通知証明書が不要なので楽ちん