ブログ記事一覧

Windows

Windows上でフォントを綺麗に表示するソフトとして、話題のMacTypeの紹介をします。

MacTypeが登場するまでは、同様のソフトではgdi++ Helium版などが有名で、私も使ってみたことがありました。しかし、設定が難しさや、動作が不安定だったりするためインストールしたはいいがあまり使わない、という状態でした。

これに対して、MacTypeというソフトは「詳細に設定できる」「64bit対応」「設定は意外と簡単」が素晴らしい点となっています。

サンプル画面

まずはFirefoxでWikipediaを表示したところをご覧下さい。

mactype-sample2

左がMacType使用前、右が使用後の様子です。使用前のフォントはギザギザも目立つし、何より私がメインで使用しているノートパソコンだと結構見るのがつらいです。

もう一つのサンプル画面は、エディタ(サクラエディタ)で表示した様子です。

mactype-sample0

どうでしょうか?違いがよくわかると思います。WindowsというOSのフォント環境が根本から改善されるまで、もはや手放せないソフトです。残念ながらWindows10でもフォントは改善していませんでした。そしてMacTypeも無事Windows10でも使えましたので、まだまだ活躍しそうです。

また、設定にもよりますが基本的にレジストリをあまりいじらずに使用でき、カスタマイズソフトにありがちな、環境をおかしくするといった不具合が出にくいのが特徴で安心して使えるのではないでしょうか。

インストール編

MacTypeの公式サイト、一番下にある「Download」からダウンロードします。

mactype-dl

※現在このダウンロードリンクが切れてしまっているようです。

freesoft100-MacTypeこちらのサイトからダウンロードできます。

ダウンロードした.exeをダブルクリックしてインストーラを起動します。

mac-install1日本語を選択して「OK」

mac-install2「次へ」を選択します

mac-install3インストールタイプを選択します。

インストール先を変えなければ、標準でOKでしょう。ここでは「カスタム」を選択します。

mac-install4必要に応じてインストール場所をDドライブなどに変更して「次へ」進みます。特にインストールするものを変更する必要はありません。

mac-install5「インストール」を選択してインストールします。

mac-install6インストール完了を待ちます。

mac-install7インストール完了です。

「MacTypeを起動する」をチェックして起動します。

 

起動モードを選びます。

mac-install8

この起動モードはインストール後にも気軽に変更できます(後述)

おすすめは「サービスモード」「MacTrayロード:独立モード」の2つです。

サービスモードではWindowsのサービスとして起動します。

 

mac-install11MacTrayロードではタスクトレイに常駐します。

互換性は若干さがりますが、タスクトレイから停止や設定変更が出来るので使いやすいです。特に問題が無ければ最初は「MacTrayロード:独立モード」で起動するのがオススメです。

Trayロードに問題がある・設定になれた等の場合はサービスモードを使うと良いのではないでしょうか。

mac-install9

プロファイルを選択します。とりあえずここではDefaultを選んで「完了」します。

mac-install10

確認ダイアログは「OK」→「閉じる」で完了です。

ここまで無事完了すると、タスクトレイにアイコンが表示され、フォントの表示が変わっていると思います。まずは標準でインストールされているプロファイルを切り換えてみても良いでしょう。

起動モードの変更方法

mac-install13

トレイモードであれば、「MacTypeウィザード」を選択

mac-install12もしくは、スタートメニューから先を選びます。

中国語ですので分かりにくいです。

mac-config1

起動モード選択画面が表示されます。ここではサービスモードに変更してみます。

すると、タスクトレイから表示が消えます。

「コントロールパネル→管理ツール→サービス」から起動・停止・再起動を行います。

mac-config2

MacTypeサービスが登録されています。

MacTrayロードが使いやすくておすすめですが、上手く設定が反映されない・エラーが出るといった場合はサービスモードなどに変更してみましょう。

設定編は次回に続きます。

MacTypeでWindowsのフォント環境を劇的に改善する2[設定編]まとめ

 

Windows

2015/08/03、現在使用しているWindows8.1のlenove E450にて、「Windows Update時にCドライブの空き容量を喰い尽くされる」という恐ろしい異常が発生しました。そのときの対処方法です。またWindowsUpdate等で過去に導入したドライバファイルが肥大化した際の対策としても有効のようです。

問題の発生したWindows Update

Windows Updateではオプション更新扱いで配信された、AMDのドライバ更新です。2015年8月3日にインストールしましたが配信されたのはその少し前です。

「Advanced Micro Devices,Inc. – Graphics Adapter WDDM1.1, Graphics Adapter WDDM1.3, Graphics Adapter WDDM2.0 – AMD Radeon R5 M240」

update1

環境は以下の通りです

  • Windows 8.1
  • lenovo E450(購入時にRadeonのグラボを積む構成に変更しています)

update2

Cドライブの空き容量は、このWindows Update前には20GB以上はありました(確か25GBくらい)この画像は対処後のものなので、若干スッキリして34.3GBとなっています。

発生した問題

グラボのドライバ更新かぁ~と気軽に更新したところ、なかなかWindowsUpdateが進みません。たま~~~に、処理待ちのグルグルが出たでしょうか。それでも待ち続け、ネットを見ながらファイルを落とすと、何故かインターネット接続が切断されました。

確かにWiMax2で接続していたのですが、こんなこと今までなかった。何かがおかしい・・・

ふと、PCを見るとCドライブの空き容量が90MB?!真っ赤ではないか!

まずは容量の大きくなっている場所を捜索(Drive Analyzerというフリーソフトを使用)

update3

すると「C:\Windows\System32\DriverStore\FileRepository」のフォルダがなんと20GB以上になっています!上記のスクリーンショットは対処後のモノで1.28GBとなっています。

ここで、Google先生の出番。「DriverStore FileRepository 肥大化」などで調査。どうやらWindows Vista以降、ドライバをインストールすると「ドライバストア」と呼ばれる領域に格納されるようで、ここにどんどんとたまって肥大化している人が結構居るらしい。

対処方法

通常の方法では保護されていて削除できないため、「PnPUtl.exe」にて削除できるとのことだったが、今回はこのDriver store領域を整理するフリーソフトを使用しました。

Driver Store Explorer

update5

「Drive Store Explorer」をダウンロードして、管理者として起動します(管理者として起動しないとエラーになりました)。実行するのは上記の「Rapr.exe」です。

起動してすぐは何も表示されていないので、画面右上の「Enumerate」ボタンを押します。

update4

すると、上記の様にDriver Storeの情報がずらっと表示されます。複数のバージョンインストールされているモノはそのバージョン全てが表示されます。

そして、今回問題となったドライバは上記の画像でマウスで選択されているモノです。

これは対処後の画像なので1つだけしかありませんが、なんと古いバージョンのドライバが90個以上もずらーっと並んでいました!

なぜでしょう。原因は不明ですがとにかくこいつらを削除します。削除するには選択して右にある「Delete Package」ボタンを押すだけです。消せない場合は「Force Deletion」をチェックしてみましょう。

90以上残っていた古いバージョンのAMDのWDDMドライバを削除したところ、20GB以上の空き容量ができました。

原因は?

原因は不明です。今回はWindows Updateで当該アップデート中に発生しましたが、理由は不明です。お困りの方が他にもいるかもしれませんので、経緯と対処法をメモしました。

Windows

Windows10が先日配信されましたので、手持ちのタブレット[Acer Iconia W4-820]で動作確認をしてみました。

結果としては、全く問題無く動作しています!また、インストール後にドライバの導入なども全く必要ありませんでした前評判通りサクサクと快適に動作します。

画面中央に出ているエラーダイアログは[MacType]というフォント表示をいじるフリーソフトのものです。エラーが出たのはこのMacTypeだけで、それ以外は今のところ問題等発生していません。

ss3 ss4 ss6 ss5

新しいブラウザのEdgeも快適に動作しています。タスクビューも使いやすくて良いですね。

Windows10導入は手動で行いました。予約を実行しましたが、待ちきれなかったので(笑)

手動でインストールする場合は以下の通りです。

  • windows10 マイクロソフトサイトよりツールをダウンロード(32bit/64bit用の2種類あります)
  • 「このPCを今すぐアップグレードする」を選ぶとメディアを作成せずにアップグレードが始まります

a

一つ注意が必要なのは空き容量でしょうか。Iconia W4-820はもともとCドライブの容量がそれほどありません。私の場合もCドライブの空き容量は20GB前後でしたが、大丈夫でした。アップデート後は12.5GBの空き容量になっていました。

  • Windows.~BT
  • Windows.~WS

のフォルダができますのでそれらを整理しても良いかもしれません。

Iconia W4-820を使っている皆さんは安心してアップデートできます!